四国列車乗車記

はい、令和~。


いやぁ、全然実感ない~。


仕事の書類で「R1」って書かれてるの見て

「何故、ヨーグルトが!?
 もしくは、ピン芸人の大会が関係しているのか!?」

と、マジで疑いもしなかったくらい
ピンときてないらしいよ(他人事のよう)





10連休もあっという間にね。

とりあえず、せっかくなのでということで。


一気に、四国の観光列車2つを
制覇?してみたよ!!!


まずは、海沿いをのんびり走る
伊予灘ものがたり。


2両編成の旅列車。
これじゃ、予約そりゃすぐいっぱいになるて。

山側の席だったんだけど
ちゃんと景色が見やすいように、ちょっと席が高くなってる!!



ここはあのテレビや映画で有名らしい(よく知らない)
無人駅の下灘駅があって
ほれほれ映えポイントやで~と、いわんばかりに
ちゃんと停車してくれる(言い方)


クイズ的に紹介するなら
昔は日本一海岸に近い駅だった、らしい。

そんななので、景色はキレイで穏やかな海サイコー♪

これは夏がベストですな。
いや、春も桜とか菜の花とかがいいらしいっすよ。


伊予灘ものがたりが下灘駅に


駅名のポジショニングおかしくね?(汗)


いや、誰も入ってない写真が撮れただけでもすごくね?
さっきまでこの前でみんなバシバシスマホ構えてたんだし。


料理は午前中のモーニングだったけど
超豪華&美味すぎて、思わず写真も忘れた。


のんびりゆったり停まりながら、途中で
タヌキ(の着ぐるみ)駅長さんがいたり
何より、地域の方々が手を振ってくれるのが
一番楽しくて嬉しい。


貴重なお時間、ありがとうございやす!!!


停車する駅が4つしかなかったけど
せわしない感じは全然なかった。





で、もう一つは
四国まんなか千年ものがたり。

こちらは、3両編成。
しかも2両目は左右で色が違う!!

どうやら、四季を表すのに
真ん中に夏と冬を合わせたらしい。


・・・だったら、4両編成でよくね?(汗)


継ぎ目のとこ

ピンポイント車内(苦笑)

座席とか車両とかは、どうせ皆さん
もっとキレイな写真アップしてるだろうから
載せてなさそげなトコを(ヒネクレ)

こういうちょっとした気遣いというか
癒し感好きなのさ。


ついでに、もひとつ
そこかよ!?写真を。


池田高校


徳島県立池田高校。

そこ!!何でやねん!!とか言わない!!!

高校野球好きなら、撮るしかないやろ!!!
あの、山びこ打線やでぇ!!!


歴史仏閣には、あまり反応しないが
高校野球にはすぐ食いつくやつ。




話が逸れた。



まんなか千年ものがたりのほうは
うってかわって、山の中をひたすら進む。

こちらも、夏か紅葉の時季がベストかなぁ。


この時、ちょっと胃を悪くしてたけど
アテンダントさん(美人)に、コースメニューについてた
食後のコーヒーを紅茶にと相談したら
笑顔で了承してくれた。


こちらは、料理が遊山箱(三段弁当)で豪華だけど
こじんまりしているので、男性にはちょっと少ないかも。

美味しかったし、何より途中で
料理を作ってくれた料理長さんが
なんと見送っていてくれているではないか!?

味匠藤本の

これ、畑にポツンといるようだけど
周りにいっぱい案山子や他の地域の方も
いるんだよ、写真撮ったのがヘタだっただけだよ(泣)


こちらこそ、美味しい料理を
ありがとうございました!!!

窓開けてそうやって叫びたかったなぁ。




えーと、あとは・・・

スイッチバックがあって車では来ることができない駅とか
金色の畳がある駅とか、やたらこちらもタヌキ推しの駅とか。
(急に紹介が雑)



いや、忘れたワケじゃない!!

千年ものがたりのほうも色々とボリューミーで
楽しかったよ!!(焦)






どちらも共通していえるのは、乗って良かった、てコト。

のんびりとした時間と空間で非日常を感じられるし
アテンダントさんたち駅員さんたち、それぞれの地域の方々。

みんな笑顔で手を振ってくれて優しい。
手作りの沿線マップも、温かみがある。


スマイル、プライスレス。



これから旅行とかで乗車する機会があるのなら
料理(デザート)や飲酒(笑)を楽しんで♪


そして、アテンダントさんが案内してくれる
車内のお土産は、ここでしか買えないよ!!
道の駅とかにも置いてないので
是非、購入をオススメ!!!

自分は、職場へのお菓子のお土産と
クリアファイルを両方自分用に購入。





どちらがオススメかと言われると
どちらも乗りなさい(強要)

いや、同じ四国なんだから、なんとかなるっしょ(苦笑)



というか、こんなグダグダな乗車記を
参考にしてはいかんですよ(逃)





そんな感じで。

平成と令和を満喫(?)した連休を過ごしてみた。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック