やっとかよ!!M-1、2018感想

ただでさえ今更感なので
とっととまいりやしょう!!!(汗)


大前提として。

・みんな面白かった

・あとから見直しての感想なので
 生放送初見時と、ちと感想違うかも

・女芸人さんの言葉って、照れや感情をはぐらかす
 ボケだとずっと感じていたのだけど、意外と
 言葉のままとらえられるのがナゾで。
 テツandトモの談志師匠のご意見もそうだったけど
 なんで字面のまま「好き」とか「好きじゃない」とか
 とらえるかなぁ?と。だからM-1後騒動がマジ残念。
 (これだけは最初に言っておきたかった)

それぞれの感想の最後には、描きやすさなんかも
 (ネタに無関係。誰得)

・とにかく、笑けずりシーズン1をみんな見よう!!
 漫才が分かりやすくてためになる。

・そして長文よ(苦笑)



以上をずっぷりと理解のうえ、続きを読むからGO!!




1. 見取り図

トップバッターはどうしても不利よなぁ。
こうなったら前説(くまだまさしさん?)に会場の温めを
頑張ってもらうしか(重荷)
彼女が欲しいというフリは漫才にはよくあるけど
ツッコミフレーズは分かりやすかった。

タンクトップ→スポブラは読めた。
が、横で見ていた親はスポブラが分からなかったようで。
それでいうと、造語の「マルコ牧師」や「すだゆりこ」などは
実在なのかと、自分の記憶を探る時間にもやもやと。
で、ネタ後半になって「ないんかい!!」ってなるとちょっと・・・

「あたおか」も、もっと早くに出して連発しておけば
小学生あたりで流行ったかも(流行らない前提?)

ツッコミの声が特徴的なので、ツッコミでウケることを
狙っていけばいいかも。

2人とも描きやすい。



2. スーパーマラドーナ

「本当は怖い人」がサイコすぎて、リアルに武智さんが怖かった。

「ちょっと刺さってる」とかの一つ一つのくだりでのボケは
面白いんだけど、途中で田中さんのヤバさが
動きで表現されてて逃げた感があった。

昨年のM-1で「(田中さんの)ヤバさをもっと」と言われたから
ああいうサイコ対応のネタになったんだろうけど
もっと楽しいシチュエーションでのヤバさがあるネタも
探ってほしかった。

松本さんも「ラストイヤーになんでそんな暗い(サイコ)な
ネタをしたんや!?」とコメントしてたくらいだからなぁ・・・
ラストイヤーだからこそ、気負わず力入れず
2人が楽しく漫才してるのが見たかった。
コンビの紆余曲折も知ってるだけに、初心にかえって
漫才を頑張って欲しい。

録画を見直したら、上沼さんめっちゃコンビを
評価してくれてるやん!!何が不満か!?(汗)
他のコンビが褒められてるのがイヤなのか!?

やや描きにくいが、2人とも髪型を
ほとんど変えないので描くの楽。




3. かまいたち

しょうもないコトで熱く議論できる、これこそ漫才の良さよ。
ポイントカードの作る作らないで、ここまで話せるのかー。
ちょっと和牛のへりくつ漫才に近くてもちゃんと違う感じ。

しゃべりがカブりすぎかなぁ。ワザとだろうけど
聞きたいフレーズも聞き取れにくい。なので
面白会話がだらーっと流されていったような。
しゃべくりの形としては理想。

このコンビも、もっと身長差を活かした
漫才ネタにすればいいのに。

描きやすい。意外に濱家さんが描きやすい。



4. ジャルジャル

つかみの名乗りをずっと続けてるのもいいし
ジャルジャルは2人が楽しそうにネタをやってるのが
伝わりやすい。まあ、○○ゲームとかの遊びネタだから
余計に。

ただ、男子学生のノリ感もあるので
男女の評価が違ってくるネタではある。

特に「アル」「ゼンチン」のあたりは
もれなくお子様狙いだな(苦笑)
このネタが頭から離れないとなれば
そういう意味では大成功。

後日、QuizKnockがこのネタを発展させた動画をアップ。



国名のレベルが高ぇ!!!!さすが東大生。
これ見てから本家ネタ見ると、よくあの少ない数の国名で
ひっぱれたなぁ、と(褒)

描きにくい。が、スーツが同じなので
スーツを本体だと思って描けば(どゆこと!?)




5. ギャロップ

え!?規定の15年結成がとっくに過ぎてるかと!?
ベテラン感オーラがはんぱない(汗)

ちょっと2人とも横を向きすぎ。
もちろん、不安と緊張とでそうなってるのも
あるんだろうけど。

設定も、もっとオカシなものでよかった。
若い子の合コンにおじさんて、結構あるある。

テンポは良い。しゃべりもとても分かりやすかった。
ただ、どうしても4分じゃ足りない・・・

うーん、あと何だろ?
フレーズ?フレーズが弱い?

「ハゲかたが面白くない」「ちゃんとハゲてる」って
いじってもらって良かったんじゃないすか?
芸人って欠点(弱点)を笑いに変えてナンボだと
個人的には思ってるので、それをもっと
ネタに昇華してもらえれば。

描きやすい!!そりゃ、描きやすいよ!!(笑)



6. ゆにばーす

噛んだことを川瀬名人が引きずっていたのがもったいない。
それすら、笑いに変えてほしかった。
その落ち込んだ気持ちが終始伝わってて・・・

間違いなくネタは面白いんだから
気持ち切り替えて堂々と。

漫才の中で漫才は分かりづらい。

「ヘドが出るわ!!」とかは、個人的には
不思議とこの2人の言い方は
嫌じゃないんだが、やはり個人差アリか?

最初にネタで川瀬名人が噛んで
最後に締めコメントではらさんが噛む。
バランスのとれたいいコンビじゃないか。

はらさんが昨年みたく、もっと動くネタが見たい。
動いてるだけで、カワイくて面白いのに。

「ダマされるな!!この人たちは何を見ても
カワイイって言うように、強めに洗脳されている!!」
(それ、メイプル超合金のネタや)

というワケ(?)で、男女コンビの繁栄希望。

未だに、呼び方として
「川瀬名人」なのか「川瀬名人さん」がいいのか
悩む(知らんがな)

めっちゃくっちゃ描きやすい!!
描いてて楽しい♪ありがとう!!(謎のお礼)




7. ミキ

敗者復活で、ミキかプラスマイナスかかなぁと。
トラックの音にも負けずの復活だったが
このエピソードで「イヤナヤツミズターby和牛川西」を
思い出したのは自分だけなのか?

履歴書を勝手に送るという
兄弟だからこそできる漫才ネタ。

ジャニーズJrのほうピックアップだが
渋谷すばる君は、名前がひらがななので
「昂(すばる)」への脳内二度手間変換が面倒。

昂生兄やんが、わちゃわちゃ叫んでるけど
2人が楽しそうな雰囲気はめっちゃ伝わる。

ツッコミで、これだけ笑いがとれたらええよなー。

ミキ・亜生(弟)と昂生(兄)

描きやすい!!
何故なら、色分けするだけでそれらしく見えるから(笑)




8. トム・ブラウン

設定がトリッキーすぎる(褒めてます)
しかし、それに何故ツッコミが素直に乗れるのか!?

ちょっと説明しすぎ。
「どうなるんだー!?」とか。

ジャルジャルと同じく
このネタも繰り返しが多いから
男子ウケ、かつ、しつこく感じるかも・・・

中島みゆきは、今は「地上の星」より「糸」だろうが!!
(個人的趣向)

フリからの、ごちゃっとなりつつ伏線回収はスゴい。

2本目「ひふみんネタ」がめっちゃ気になるやんか!!
それを漫才の最後に、サザ○さん予告風に入れたら
ドカンと笑いが来たろうに。惜しい。

描きやすいだろう、そりゃ。
だからこそ、このコンビももっと見た目をいじった
ネタをしてほしい。




9. 霜降り明星

劇場でよるやるネタだけど、4分じゃあ短いなぁ。
短く感じさせるほどのボリュームある面白いネタ。
そして、若いからこそ舞台を縦横無尽に動けるネタ。

ボケのせいやさんの動きで一笑い。
ツッコミフレーズでもう一笑い。めちゃバランス良い。
ツッコミフレーズも、説明とツッコミがワンフレーズで
済むのでムダが無い。

会場が、ずっとドカンとした笑いが欲しかっただけに
救世主になったような漫才。

粗品さんのツッコミが、東京ホテイソンのたけるさんに
ニュアンスくりそつに聞こえる!?
いや、こっちが先か!?

描きやすさはフツー(苦笑)
芸人殺しの感想・・・




10. 和牛

ゾンビ設定も漫才ではありがちで
最初に「殺す」連発で不安にさせながらの
笑いとフリからオチが見事。

相変わらず、川西さんの女性演技がうまい。
うまいがゆえに、途中から川西さんが見えなくて・・・
(ニュアンス分かりづら)
なので、どこかには「女性を演じる川西さん」を
残しておいてほしい。

そういう意味では、見てる側を引き込む漫才で
よかったのだけど、賞レースで勝てるの漫才では
なかったような。
笑けずりのサンドウィッチマンの受け売りになるけど
「まだムダが多い」んじゃないかな?

だから、タイムオーバー(減点)にもなるし。

ある程度の「間」も必要だろうし
それが和牛の漫才の良さでもあるけど
「勝つ漫才」にするなら
テンポアップかつコストカットも必要かと。

なんで、下の名前(賢志郎)で呼んでんの?
なんで、同居設定やの?(困惑)

そこそこ描きやすい。のだけど
水田さんがジャケットを変えるたびに
チェックしなきゃならんので面倒。







番組の感想。

・笑神籤は、MCの2人が交互にひいたのでいいんでは?
 あるいは前年度チャンピオンがひくとか。

・ネタ中は、漫才師を撮り続けてほしい。
 ボケのときに、カメラが客席に切り替わってたり
 審査員は、表情をネタ中見なくても
 どうせあとで点数なり感想なりあるんだし。

・決勝進出枠は、8or9(復活含め)でいい。
 10組は多い。
 ぶっちゃけ、この感想ずっと書いてても長くてしんどい(汗)

・とにかく、漫才以外の時間が長い。
 漫才前の時間はとってもいいけど
 他を削って、ネタ時間を5分にするとか。




なんか、途中でしょーもない愚痴も
あったりなかったりで
こんな長文乱筆を
ここまで読んでいただき申し訳ないの極み。



まあ、つまりはだ。


霜降り明星、優勝おめでとう
ってコトで。

記念イラストは現在進行中。
描くの遅いわりにはクオリティに期待しないで(汗)





霜降り明星を、早よQさま!に出してぇ!!!
なんなら、芸人大会やってくれぃ!!(懇願)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック