かもじゃく日記

【漫才芸人か高校野球かクイズ番組か】

略してオレクイ・Part4~ED

案の定。

バーチャルコンソールで
FF3をダウンロードしても
ゲームする時間がない(泣)



ま、いっか(あっさり)



さてさて。

すでに作者も内容を忘れた(あかんやん)
RPGツクールDS+自作品紹介を
もう、日の目を見ないから
紹介しちゃおうのコーナー(苦笑)

※コンテストで公開した内容とは、異なる場合も。
※あと、←マークの文は、ほぼムダ話。
※ネタバレは、ほぼ太っ腹!!オープン!!(笑)



「オレたちクイズフレンズ」part4~エンディング~

表話3

ナノカは、母から聞いた話を思い出していた。
実は、6年生のときに
ショウタの母親が、再婚していたらしい。

そのことで、悩んでいて
一緒に私立中学に行けなかったのかと
悔やむナノカ。


しかし、ショウタはそれを否定。

「受験をすると、ナノカとの差を
みせつけられるようで怖かった」
「合宿で会って、約束を守れなかったこと
ナノカに謝りたかった」


ショウタが、クイズを嫌いになっていなかったことに
ナノカは安心し、自分が強くなれたのは
ショウタのお陰だと礼を言う。


※ここらも、なんか長くなりそうなので
パパッと割愛で(またかよ)

2人がラブラブな雰囲気のとこに
白いネコが乱入!!

かと思ったら、転がってきた佐藤に
跳ね飛ばされてった!!

佐藤が見つけた箱を開けると・・・




合宿が終わり、学校に戻ることに。
箱から見つかった巻物を
佐藤から、強引に押し付けられる。

合宿メンバーとも、お別れなので
色々と話をする。

※どーでもいい話から、意味深なセリフまで。
伏線だったり、そーでなかったり(どっちだ)


厳重衛生装備の旅館コックからも
巻物をもらう。

※この2つの巻物を読むと
裏ストーリーという名の
本当のストーリーの行き方が分かる。


フロントにいたナノカは
旅館の資料から、この土地には元々
城や動物園や学校があったことを知る。

旧館での出来事により誤解も解け
お互いの学校で、クイズをがんばることを
誓い合うショウタとナノカ。

「ナノカ、頑張れよ」
「ショウちゃんも・・・またねッ!」
それぞれの学校へ帰る。




それから。
合宿から一ヶ月後。



ナノカが、自分の中学校が
創立記念日で休みなのをいいことに
ショウタに会いにきた。

そして、また来月に合同で
クイズの会合ができることを伝える。

「ブチョーと浜谷センセにも
いっぱいお願いしたんだッ!
これで、またショウちゃんと
一緒にクイズができるねッ♪」


※このやりとりの後に
割とどーでもいい男子生徒が乱入。
ナノカにちょっかいを出そうとする男子生徒を
ショウタがボッコボコ。

※・・・なのだが、倫理規定(笑)により
このシーンは平和的(?)な光景に
挿げ替えられている(投げやり)


で。

何事もなかったように。

お互いの高校進学はどうするか?の話に。

「ナノカはエスカレーターじゃないのか?」
「ブブー!!きっと、ショウちゃんと同じトコだよ」
「じゃあ、せーので言い合うか?」

「せーーー」

「のっ!!」





~エンドロールが流れる。END。



はいっ★
以上でーす(軽っ)


ちなみに。
このときの、クリアメッセージは

「無知を恐るるなかれ。
偽りの知識を恐れよ。パスカル」


途中の、バッドエンディングのメッセージは

「人生は、重荷を負うて遠き道を行くがごとし。
急ぐべからず。徳川家康」


どこかで著名人の格言を入れたかったんだけど
まさか、最後に入れるハメになるとわ(笑)



だけどもっ、だけどもっ♪
byオッパッピー


本当に言いたいことは、それじゃないんだぜぇ~。



合宿メンバーも関わる、裏ストーリーにも
深そで浅い(だからどっちだ!?)話が
あるんだぜぇ~。



それはまた。

忘れないうちに、カミングスーン!!
・・・多分(おい)

スポンサーサイト

FC2Ad