かもじゃく日記

【漫才芸人か高校野球かクイズ番組か】

今さら感想・・・になってないな

あかんな・・・

ジブリ作品すら、二時間ドラマとして見るようになってもた。汗



思い出のマーニー、お初だったのだけど
マーニーが何者かを考え出した時点で
ストーリーがあんまり入ってこなかった。


で、結局。


最後の最後に、自分が言った

「やっぱりか!!」の直後に、自己嫌悪。



クイズも推理ドラマもそうなんだけど。

考える時間があると、つい制作者の意図を考えてしまう。
邪道な思考で、番組を素直に楽しめない損な考え。



そういう意味では、漫才ってのは
長考させないテンポがあるから
自分にあってるのかもしれない。



でも、ジブリ作品はやっぱ世界観がキレイだなぁ。

あの空気圧がふわっ、な感じとか
水がうねってざばーん、な感じとか。


わ・・・分かるかな?
伝わるかな?汗



そーいや、今回何か足りないな~と思ったら
ヒロインに対する男の子がいなかったことか。



うーん、うーん・・・


あの舟のおじさん?(そこ!?)


スポンサーサイト

「それが公立の限界♪」(泣)

ふわぁ~。
ずっと日記つけてなかったぁ(汗)

リハビリは相変わらずなんだけど
理学療法士のNさんと、高校野球の話で盛り上がりすぎて
リハビリの内容が入らない(あかんやん)




今日、職場の昼食のときにMさんが

「なんか、いいストレス発散法ないですか~?」

と、きいてきたので



「ストレス発散、といえば
 もちろん(?)八つ当たり!!!
 見ず知らずの人に八つ当たり!!
 女、子ども、年寄りを中心に八つ当たり!!」

「いや、こんな漫才ネタが
 一般市民、いや町民、いやMさんは市民だった
 それはどうでもいいけど、とにかく
 善良市民に、ゲス漫才ネタをぶっこむのは酷!!」

(この間2秒)
で、結局。

「カラオケとかいいんじゃないですか~」と
あたりさわりなくこたえてみた。



・・・なんだか、こっちが勝手にストレス。



あ~~!!!!

八つ当たりしてくる~~!!!(笑)




ちなみに、その八つ当たりネタがコレ。



懐かしの茶髪(笑)



あと、映画at homeに出演した村本さんのコメントを
ついでにのっけてみる。




悲しいかな。

地元でat homeの映画上映がない・・・

役がハマりすぎ(笑)

おお、「at HOME」の映像が公開になってる♪



・・・見切れてるが、バレバレでは(笑)


でもなー、内容がPG12なんだよなー。
大人なくせに、苦手なんだよなー。

あんなに自分の漫画では
主人公ボコスコやったりするくせに(汗)


とりあえず、某氏が
「手に全神経を集中させた☆」というシーンだけ
笑って見たい(いや、笑うトコちゃう)



またVS嵐あたりで、宣伝で出ないかなー。

空は青く澄み渡って・・・ない

メインサイト用の日記を、こっちのブログに移動~♪
まあ、Miiverseの使い回しが多くなるだろうけど(汗)

いや、ホントにMacの液晶がヤバい・・・!?
ただでさえ、漫画の更新が遅れているのにねぇ(他人事)


で。

SEKAI NO OWARIの映画って、今月だったんだ・・・



しかも、ウーマンラッシュアワーまで宣伝しとる(笑)

いや、親交あるのは知ってたけど
こういうとこでも、お仕事がつながっていくんだなぁ。


flumpoolの場合は、NONSTYLEの井上サンつながりからの~
だったけど、セカオワの場合は別だった。

「RPG」を聴いて、口ずさんで
よしっ、頑張ろう!!ってよく思う。




漫画をほとんど見ないので
ドラマや映画の構図を参考に
させてもらってることが多いのだけど
これも、構図をゼヒに参考したい♪


Miiverseとかコミック工房でも、セカオワ描きたいなぁ。
でもまだ、練習不足(泣)



・・・台風の雨風、なんとかならないものか(困)

個人的オススメ度★★★★

いつの間にやら。

なんか「銀の匙」の試写会が
当たってたので行ってみた。


原作、読んだことないけど(苦笑)

というか、小説だと思ってた。



農業高校の話とはきいていたけど・・・

なんつーか・・・



農業あるある。



いや、これは
自分がド田舎モンなのが悪いんだ(汗)

親の実家も、ド超絶田舎なのも悪いんだ~。
(山のてっぺんに近いトコ)


映画見てても、一般の人なら
「うわっ」とか「へぇ~」のリアクションを
とるだろう場面でも、ただただ、うなずき(苦笑)




あんまり、内容書くと公開前なので
以下、ざっくり感想だけ。


・演者とスタッフを選ぶ映画だなぁ。スゴい。
防疫とか含め、本当にスゴイ苦労だったと思う。
ただ、一般には、その大変さが伝わらないだろうなぁ(悲)

・エグいところも、キレイに収められていた。
いい意味でも、悪い意味でも。

・そのエグさがぼやかされてる理由として
友人からの言葉で気が付いた。
「ニオイ」がないから。
あの、壮絶なニオイがないから、エグさがぼやけてた。

・しかし、一か所、そのニオイが十分に伝わる場面が。
その伝わらない「ニオイ」の見せ方は良かった。
本当にその「ニオイ」が出てくるようだった。


・主人公・八軒の漢字が分からなかった(汗)
いや、主人公だけじゃなくて。


・これまた、自分に原因があるんだけど。
主人公が、若林クンにしか見えなかった(汗)
むしろ、ワカオ?(中島クンFANのかた、スンマセン)

・やっぱ、吹石サン、かっけえええぇぇー!!(喜)

・吹越サンが、なんだかもったいない(笑)



・リアル農業を知ってもらう、という点では
とても良くできた作品でした。
というか、向こう側の人間としては
ぜひ見てほしい。
国の上の人たちに見てほしい。



とにかく、よく映像化できたなあ、と。感心。



一緒に観に行った友人(原作FAN)は
映画内容に、ちょっと納得いかない様子。


う~ん、多分よくある
「漫画・アニメを実写化するとなんちゃら」パターン?





その解決策は、自分ですでに実証済み。


「原作を、見ない!!読まない!!」(笑)




さてと。


あとは、相棒劇場版待ち。

テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画