かもじゃく日記

【漫才芸人か高校野球かクイズ番組か】

こんなとこで重要なこといってる

7月に、ドリームマッチ・ネタ作成者ONLYがあるらしい。

・・・ちょっと違うなぁ。
そうじゃないんだよなぁ。

フツーに、正規のコンビ漫才が見たいんだけど(汗)

ま、でも。


石田&若林とか、富澤&小峠みたいな
決まった瞬間から
「これは絶対面白い!!」なコンビは楽しみ♪



村本サンは・・・

石田サン(同期)とじゃないと
あと全員先輩だから、やりづらいんじゃ?(汗)


ま、それはさておき。


なんだか、だらだら続いている
MESSIAH of ARKのキャラ設定裏話。


5人目は、東山。

あずまたかし。

2014061301.jpg


最初は、ちゃんと(?)
「ひがし」って読ませてたんだけど。

ふりがな入れたら
自分で「あずま」って入れてた(汗)



この人もね~

テレビ見てたら
某Jニーズの人が出てたから名前つけた(雑)



メガネキャラは入れたかったんだよね~。

最初は、義隆がメガネかけてた。
でも、なんか色々のっかりすぎだなってことで。


Miiverseでイラスト描いてたら
外国の人から
ハリーポ●ターと間違えられた(苦笑)




父親が金持ちの、お坊ちゃん設定。


・・・バラしてもいいかな。
多分、もう漫画本編で描かないだろうから(え?)




山の父親は、映画監督。

例えるなら、黒沢明くらいの(ええええええ!?)



自宅も母屋の家屋とは別で
隣接する敷地に、子供部屋兼一軒家。

三人兄弟なので、三軒
プラス、使用人とかの家も二軒ある、という設定。



そこに晃良たちが遊びに行って
ただただ驚く、という話も考えたが
豪邸を描くのが面倒だったので却下(あっさり)



今の母親は再婚で、元女優。
血の繋がっていない山にも優しい賢母。

山の回想に出てくる母親は、その再婚の母。
実の母親は、山が3歳のときに病死。


妹は、四コマに一度登場。

弟は、多分もう出ないけど
山と確執があったり(というか、勝手に弟が嫉妬)


山の弟は、モデルデビューしてるけど
それは一度だけ山が雑誌のモデルをした
穴埋め的な惰性仕事なのが本人も分かってるから
山をちょっと妬んでる、みたいな。





・・・こうやって並べていったら
山って、むっちゃエピソード濃ゆい!!!!!!(驚)




しかし!!


それを描く気力も時間もない!!(ミもフタも)



だって、本編に全く関係ないんだもの~(ヒドい)




ま、あとは。


読んでるかたの、想像と妄想に期待(苦笑)
スポンサーサイト

ボケもツッコミもしてくれる万能男

日曜日だけど、仕事だった。

・・・つっても、いつもよりすることなかった(汗)
いや、いつもがすること多すぎ(泣)


ちょっと、いやかなり
私事で嬉しいことがあり
テンションがずーーーっとMAX状態。


あー。


早く来月にならないかなぁ~♪♪♪




そんな衝動をおさえつつ。



うーん、とりあえず
早いとこ、キャラ裏話を消化してしまおう(やっつけ)



MESSIAH of ARKの南原昇路。

2014060801.jpg

名前に、東西南北つけてったら
気が付いたら、自然に「南」が「南原」に(笑)

ええ、もちろん、ナン●ャンですが。



昇路って名前は、テレビ見てたら
俳優の金●昇が出てたから。


・・・その時出てた人をつけるっての多いな(汗)
自分が常に、いい加減なのがよく分かる。
そして、後悔する(泣)



明るいけど、ポジティブとは
ちょっと違うキャラ。

調子いいけど、媚びへつらうとは
ちょっと違うキャラ。


山と共に、何気なく
説明役になってくれているので2人は重宝。


身長低いコンプレックスのエピソードも
もっと出してあげたいのだけど。

チビネタ出すと、漫才のネタみたいになる(汗)



ああ、昇路が重宝してる点、もう1こあった。


ものすご、描きやすい!!(笑)

描きやすさの順位でいえば
歴代漫画入れても
間違いなく、トップ3にランクイン!!


晃良の恋愛模様に
お互い入ってないのが残念か(苦笑)


晃良にハグしようとするくだりは
話に出てた「確認」の意味もあるけど
まったりした流れの中に「動き」を
入れたかったので。



一生懸命スキル以上のこと
頑張ってもらってるし。




頑張ってる人は、大好きだっっっ!!


・・・好きなんだけど、それが
漫画の中で影響されてない(困)

白い人←自分の中での彼の呼び方

暑くなったなぁ、と思ったら梅雨入り。
早く部屋にすだれをかけたい・・・

でないと、また灼熱地獄が待っている(泣)


一応、続いているらしい漫画のキャラ裏話。

今回は、目つき悪いけど
髪を塗らなくていいので手抜きはしやすい(おい)
西鳥義隆の紹介を。

2014060401.jpg

ん~と。

目つき悪い男は、むしろ好きなんだけど(苦笑)

アクション描くうえで、髪がファサ~ッとなると
動きが分かりやすいなぁっつーことで
ロン毛にしてみただけ。暑くるしそう。


悪役の人たちはともかく。


5人とかに関していえば、モデル人物ってのがいなくて。
とにかく、現実主義!!クール&ドライ!!な男を。

でも、なんか描いてくうちに
なんだかんだで、ツンデレ男になってもた(汗)


「独りが寂しい」けど「独りに慣れてしまった」
という点では、晃良と似てるんだけど。



実は、5人が雷先生に初顔合わせされる前
晃良が転入初日の朝に、ちょっとしたひと悶着で
晃良と義隆は知り合ってる、という設定が。


その片鱗は、28話で晃良の回想中に
「お節介馬鹿に、今朝から~」というセリフが。


・・・何があったんだか(苦笑)

この二人の関係は
徐々に気になるようになってたはず・・・




が!!!


また謎の青年(笑)が出てきて
彼の存在が、すっかりと薄くなっている今日このごろ。


・・・どうなるんだか(汗)



いや、知ってるくせに~(ニヤリ)


最近、某芸人のおかげで
ゲスな表情を覚えたヨ★(いらん特技)

芸人中毒の中和を目指して

番組表の「ゲスト」という文字を
「ゲス」と見間違えて
ゲス→WRHのM氏(伏字の意味なし)と
勝手に脳内変換される末期症状(汗)


武井壮→百獣の王、みたく
いつか、ゲス検索でいっぱい出るように
なるのかなあ?(もしや、すでに・・・!?)


ま、それはまた別話で。


今回は、MESSIAH of ARKのサブヒロイン(苦笑)
紗夜香の設定話を。

2014052101.jpg

ただでさえ、華がない漫画なので
とにかく女の子!!ロングヘアの女の子!!
つって、できた子。


途中で髪を切る話も考えたが
晃良と丸カブリになるので却下。


ただでさえ非力な女子なので
なんか体術とかいいかな~と思ったけど
それもなんだか主人公とカブるので却下。
(そんなんばっかり)


いや、まず
清楚な女子が描けませんがな!!

ということで、お嬢様とはちょっと違う
女の子らしさに憧れる女の子を。



刹那と何かありそうな雰囲気を
かもし出していたりいなかったり(汗)


そこの話も描きたいけど、本編と外れるからなぁ・・・



「北斗」っていう名字は、結構あるみたい。

「北斗」や「アキラ」っていうあたりで
ちょっと女子プロ好きが漏れてる(苦笑)



「紗夜香」という名前は
「紗」という字を入れたかったので。



漫画の中での、貴重な女子なのに・・・
扱い雑すぎて申し訳ない(主人公は?)



あ。

トップ絵も、そんなこんなで変更(最後に!?)

語ってみようか、たまには

そろそろ、芸人モードから
脳を切り替えないとヤバい(汗)


・・・まあ、夏になったら
自然と高校野球モードになると思うけど。

甲子園球場で
漫才芸人がクイズ大会やったら、嬉しすぎる(どんなだ)



うーん、うーん・・・


漫画のことも、いいかげん話そうか。

じゃあ、ネタに困ったときの
キャラ設定裏話を(汗)


MESSIAH of ARKの主人公、央木晃良(おうぎあきら)。

2014051601.jpg

彼、いや彼女は、見た目に関しては
主人公で何度も描く、ということで
描きやすくいかにも主人公!!な風貌に。

最初はちゃんと(?)男の子だったけど
アクション女優好きなんで(笑)


他の4人の名字に方角が使われているのは
すぐ分かるけど、晃良は中央の「央」。

晃良、という名前は
ドラクエ方式?で「ア」から始まる名前に
したかった。



アクション描いてて
本気で、女の子ということを忘れてしまうことも(汗)


髪伸びると、描くの面倒(本音)



いや、そもそも。
本当に初期設定では、黒髪だった。

主人公だからね(苦笑)



足蹴り多用。

これは、女性だとどうしても腕力がなく
男性にも対抗できるように。



バストは、紗夜香よりある(いらん情報)


カナヅチ設定なのは
父親に教えてもらってない&
学校でも性別がバレるのを防ぐため
水泳は欠席してたから。




あとは・・・

そんな深い設定も、そういえば無かった(汗)



あ。

帰国子女設定が生かされてない!?
と、思われるかもしれないが。


仕草とかが、実はちょっとアメリカンナイズ。

バイバイや自分を指すときの手に注目。


一家に一人、欲しい主人公(どんなだ)

FC2Ad